消費期限を考えての食品購入

###Site Name###

食品には消費期限が存在します。

これは賞味期限とは異なり、期間を過ぎてしまうと食品が著しく傷んでしまい、場合によっては調理不可、あるいは口にしてしまうと腹痛や病気の元となる恐れがあります。


冷凍保存を行えば消費期限外でも食品を完全に腐らせてしまうことはありませんが、それでも消費しなければ味や鮮度は落ちてしまいます。そのため、食品を購入する際には消費期限を考慮する必要があるといえます。
いかなる食品においても、パッケージや袋などに消費期限が記されております。

まずはどの食材がどの程度の消費期限なのかを記憶するところから行うべきです。



例えば豆腐やミンチ類、麺やもやしなどは消費期限が短い傾向にあります。

逆にじゃがいもや人参、玉葱といったものは一週間ほど経過しても使用することができます。

消費期限が切れているか否かを確認する手段としては、食品から異臭がするかどうか、といったものがあります。



食品から明らかにおかしな臭いがする場合は、使用を控えることを推奨します。
また野菜類であれば、包丁で切断した断面を見て、黒ずんでるようなら腐食が始まっています。

肉類であれば明らかに見た目の色が変化するため一目瞭然です。また、冷蔵庫の利用状況次第では、消費期限が本来より早まってしまうことがあります。



これは冷蔵庫に物を入れすぎた結果、十分な冷却がされていないというケースです。

物を詰め込み過ぎないように調節した買い物も重要となります。