食事はただ食べるだけではない

###Site Name###

食事というものは、いつの時代から始まったのでしょうか。
いつの時代も、何かエネルギーというものを蓄えないと生きていく事はできないのですから、生命というものが生まれた瞬間から生き物は何かを食べていたということになります。

何も食べずして、日の光のみで生きていけるような生き物もいない事はないですが、われわれ人間には食事をするということは、必要不可欠なものです。
そもそも食事は、一日三色食べることが一番健康でいられるというのが、普通人々には定着しています。



しかし、ダイエットをしているからという理由や、反対におなかがすいてしまったために、一日に何食も食べてしまうような食事というのは、あまり体にはよくありません。

食欲というものは、人間の三大欲求のひとつとして存在しています。



食べなくても生きていける人はいませんが、食べ過ぎる事も食べなさ過ぎる事もよくありません。
一見すると食事というものは難しく見えますが、楽しいものでもあるのです。

家族がそろって、同じテーブルで同じご飯を食べながら会話をする。

こんな当たり前な光景は、当たり前ではありますが同時になくしてしまってから気づく幸せでもあります。家族でなくても同じです。



大切な人と食べているときでも、仲間たちと食べているときでも、ある分には幸せというものは感じることはできませんが、いざなくなってしまうととたんに寂しさが襲ってきます。
ですが、普段の幸せと言うものに感謝して、毎日を過ごすことができれば、そういった悲しみも薄れてしまい、楽しく食事をすることができます。

楽しくおいしい物を食べるための場所は、飲食店によって提供されています。

お金はかかってしまいますが居酒屋などに行ってみなと楽しく喋りながらおいしい物を食べる、これ以上に幸せというものはないのではないかといういくらいに、幸せな時間を過ごせます。

食事の大切さを確認しなおすということも、よいことなのかもしれません。