食品に含まれる放射性物質

###Site Name###

東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故の影響を受けて多くの方が食品中に含まれる放射性物質について気にすることになりました。


私たちがこれほどまでに食品中の放射性物質を気にするようになる以前も国により基準値というものが設けられていました。

なぜ放射性物質に対する基準が設けられているのかといいますと、内部被爆を防ぐためです。

放射性物質による被爆には外部被爆と内部被爆とがあり、内部被爆は口からの摂取と口・鼻から吸い込むもの、皮膚から入るものとがあります。そこで食品中に含まれる放射性物質に基準を設けることにより内部被爆を防いでいます。

食品中に含まれる放射性物質の基準は、国際的な指標に基づいて作られており、食べ続けた場合でも安全であるような基準値となっています。

バーベキュー - 楽天といえば人気沸騰中のこちらがオススメです。

この基準に従って各自治体によって食品中の放射性物質の量が測定されており、測定の結果は誰でも見ることができるようにすべての結果がホームページ上で公開されています。

もし基準値を超える量が測定された場合には、生産地ごとに出荷停止の措置がとられることになっているので食卓に並ばないようになって安全が確保されています。



また平成23年3月17日より内部被爆を防ぐために食品に含まれる放射性物質の暫定規制値を定め(放射性セシウムについては1年間に5ミリシーベルト)規制を行ってきました。この暫定規制値による規制を受けている食品は安全であるとすることができますが、さらに安全に生活してもらうことができるために平成24年4月1日からはより厳しい基準を設けて食品の安全を確保することができるようにするために年間5ミリシーベルトから年間1ミリシーベルトに引き下げられました。



国際規格でも1ミリシーベルトとされているために国際規格にも準拠した規制値となっています。

またすべての人が摂取することになる飲料水や乳幼児が食べる乳幼児食品、子供が摂取することが多い牛乳といった配慮の必要なものについてはそれぞれ区分を設けそれ以外は一般として基準値を設けています。